全農県本部(太田修本部長)は15日、県下組合長会議で農協に支払う2017年産米のJA概算金を決めた。県本部によると、主力品種のつがるロマン(JA1等米、60キロ)が1万1700円など、各品種とも前年産と比較して一律で1000円引き上げになった。県産米の新品種「青天の霹靂(へきれき)」(60キロ)は前年産と同額に据え置いた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。