地域団体商標を取得した「津軽の桃」の収穫が進む中、平川市沖館の山谷秀紘さん(72)の園地で14日、「だて白桃」の収穫と選果作業が行われた。山谷さんは果実全体がきれいに色づいた桃を丁寧にもぎ取り、「今年もいいものができた」と語った。
 津軽の桃は10月上旬ごろまで収穫が続く見込み。
【写真説明】だて白桃を収穫する山谷さんら=14日、平川市沖館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。