白神山地世界遺産地域連絡会議(ニホンジカ対策事務局・環境省東北地方環境事務所)は13日、本県の白神山地世界遺産地域の中心部にある原生的なブナ林が残る核心地域で、初めてニホンジカが確認されたと発表した。鯵ケ沢町一ツ森町の国有林で8月6日に自動撮影装置が写した。森林生態系への影響が懸念されるため、同会議事務局では、被害が出ないうちに効率的に捕獲し、緩衝地域でニホンジカを減らすための対策を講じる考え。
【写真説明】8月6日に鯵ケ沢町一ツ森町の世界遺産地域核心地域内で初めて撮影された雄のニホンジカ(白色の点線内、東北森林管理局提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。