県物産振興協会主催の2017年度県特産品コンクールで、弘前銘醸(弘前市)の「弘前城しいどる」が最高賞の県知事賞に輝いた。同協会会長賞は栄研(同)の「最中で包んだ嶽きみスープ」などが受賞した。
 コンクールは本県の加工食品・工芸品のレベルアップを目的に06年度から開催されている。今回は25点が出品され、味や新規性・独創性、郷土色など5項目で審査。11日に青森市で表彰式が行われた。
【写真説明】「弘前城しいどる」で県知事賞を受賞した弘前銘醸の加藤宏幸社長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。