東北運輸局は11日、県が打ち出す陸海空路の「立体観光」推進による、訪日外国人客の青函地域への誘客増加を目指し「訪日外国人旅行者の青函地域における『立体観光』推進検討部会」を設置し、青森市内で初会合を開いた。会合では青函エリアでの受け入れ環境整備や認知度向上といった課題解決に向け、実証実験や実態把握調査などを展開していく方針が説明された。
 【写真説明】「ブルーマーメイド」を背に、記者団の取材に答える藤澤義人局長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。