第48回弘前市民文化祭は23日、弘前文化センターで開会式が行われ、開幕する。参加行事は先行開催された二つのコンサート(弘前交響楽団、パーカッショングループ「ファルサ」)と弘前バレエ連盟公演、弘前バッハアンサンブルの東京公演30回記念演奏会を含めて28プログラムあり、12月まで美術、音楽、舞台芸術など多様な分野で市民が活動の成果を披露する。
 【写真説明】弘前市民文化祭総合プログラムの表紙デザインに選ばれた太田飛郁さんの作品

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。