自民党の木村太郎衆院議員の死去に伴う衆院本県4区補欠選挙は、10月10日の告示まで1カ月と迫った。これまでに出馬を表明しているのは、太郎氏の弟で元県職員の次郎氏(49)=自民党公認=、民進党県連幹事長の山内崇氏(62)=同党公認=、幸福実現党青森第4選挙区支部長の三國佑貴氏(32)=同党公認=の3人。野党候補の一本化を模索する動きもあり、太郎氏の後継となる自民の次郎氏と、野党共闘との戦いの構図になるのか注目される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。