弘前地区と南地方の中学校体育大会秋季大会の水泳競技が8日、平川市の屋内プールゆうえい館で行われた。
 弘前地区は、男子の川崎弘貴(弘大附属)が100メートル平泳ぎで大会新記録をマークし、200メートル平泳ぎ、400メートル個人メドレーと合わせて3冠を達成。一戸陽仁(同)は個人3冠、小林祐輝(弘前南)は個人2冠を果たした。女子は奈良日風(弘前東)が100メートルバタフライで大会記録に0・1秒と迫る好タイムを記録した。
 南地方は、男子200メートル平泳ぎで大会新記録を更新した齋藤汰気(田舎館)が100メートルバタフライ、同平泳ぎの3種目を制したほか、工藤壮允(尾上)も個人3冠を達成。女子は成田なつ(大鰐)が3種目、佐々木涼香(同)と太田琉生(中郷)が2種目で頂点に立った。
写真説明【男子100メートル平泳ぎ】大会新記録を更新した川崎弘貴選手(弘大附属)は200メートル平泳ぎ、400メートル個人メドレーと合わせて3冠を果たした=平川市屋内プールゆうえい館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。