通院や買い物などで高齢者のタクシー利用が増え、きめ細やかなサービスを提供できる女性乗務員のニーズが高まっている。こうした中、弘前市のタクシー大手「北星交通」(下山清司社長)は、子育て中の女性が働きやすいように勤務体制を整え、事業所内保育所を開設するなどして女性乗務員の採用を強化。新たに5人の採用を決め、高齢者向けサービスを充実させるために女性乗務員チーム「北星桜こまち」を7日に立ち上げた。
【写真説明】「北星桜こまち」のメンバーとして乗務を開始した(左から)高谷文さん、三上みさきさん、樋口要さん(写真上)、北星交通が開設した事業所内保育所「北星ベビーホーム」。従業員の保育料は無料となっている(写真下)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。