海上自衛隊大湊航空基地(むつ市)のSH60J哨戒ヘリコプターが竜飛崎沖で墜落した事故で、海上幕僚監部の海自航空事故調査委員会は7日、操縦上の確認作業を怠ったことによる人的ミスが原因と発表した。機体に不備はなかったと結論付け、事故防止対策を講じた上で8日以降に同型機の飛行を再開する方針。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。