黒石商業高校(永川信子校長)の家庭部36人が、県産リンゴの味わいと国産野菜の食感が特徴の「青森りんごと野菜の万能味噌(みそ)」と、県産リンゴの芳醇(ほうじゅん)な香りが楽しめる「りんご黒蜜もち」の2商品を開発した。家庭科部の商品開発は今年で3年目で、3年の村元遥部長は「今まで開発した商品の中で一番自信のある味」とPR。9、10日に黒石市で開かれる黒石こみせまつりなどで販売する。
【写真説明】県産リンゴを使った万能味噌と餅を開発した黒石商業高校家庭部

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。