弘前市の市民団体「ひろさきアフタースクール」(境江利子代表)と同市の観光施設「星と森のロマントピア」(吉田直哉支配人)のコラボレーション事業「ロマンキッズプロジェクト」が始動した。同施設で開かれた第1弾イベントでは、児童らがワークショップや施設見学などを体験。地域ぐるみで子どもたちを育む“放課後プログラム”を実践してきた同スクールが、プログラムを地域の児童館や学校などへ提案することで、施設の活用促進とCSR(企業の社会的責任)活動の推進にも寄与していこうとする取り組みだ。
【写真説明】指導員として、児童にねじを用いたロボット形のおもちゃの作り方を教える境代表(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。