弘前市議会定例会は5日、加藤とし子(弘前市民クラブ)、一戸兼一(弘新会)、伏見秀人(同)、松橋武史(同)、栗形昭一(無所属クラブ)の5氏が一般質問を行った。答弁で葛西憲之市長らは(1)家庭系ごみ指定袋の導入時期は来年7月をめどに準備を進め、導入後は3カ月程度の経過措置期間を設け円滑な制度導入に努める(2)市の小中学校の教室へのエアコン設置率は1・7%で全国や県の平均値を下回り、財源確保の面から現状では設置は難しい―などと明らかにした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。