自民党の木村太郎衆院議員の死去に伴う衆院本県4区補欠選挙(10月10日告示、22日投開票)に絡み、同党県連は3日、青森市で役員会と総務会を開き、木村氏の実弟、木村次郎氏(49)を公認候補者として党本部に推薦することを決めた。党本部への申請は4日にも行う。総務会では、3日付で江渡聡徳県連会長を本部長とする選挙対策本部を設置し、総力を挙げて補選に臨む姿勢も確認した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。