県漆器協同組合連合会(小林孝幸会長)は1日、職人を目指す若者を対象とした津軽塗後継者育成研修事業の開講式を、弘前市伝統産業会館で開き、同市の原純司さん(30)を新たな研修生として受け入れた。
 【写真説明】岩谷武治さん(左)から津軽塗の歴史について講義を受ける原さん(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。