第20回北海道・北東北知事サミットが31日、弘前市を主会場に開かれ、4道県共通の課題である健康づくりをテーマに意見交換し、減塩など健全な食生活の推進や喫煙・受動喫煙防止対策などについて連携して取り組んでいく行動宣言を採択した。同市での知事サミット開催は初めて。今年度ユネスコ(国連教育科学文化機関)への推薦が見送られた「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界遺産登録実現に向けた宣言も取りまとめ、4道県でこれまで以上に連携を図り、全力で取り組むことを確認した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。