深浦町で進められている大規模なサーモン養殖事業で、11月から来年6月にかけて、同町の深浦港湾内と北金ケ沢海洋牧場で本格的な海面養殖試験が行われることが31日、分かった。試験で得られた結果を基に、来年11月にも本格的な養殖をスタートさせたい考え。2016年の町の総水揚げ高は約20億9000万円だが、成功すれば数年後にはサーモンの水揚げ高だけで約23億円にも上ると推測され、漁業者の所得向上や雇用創出にも期待がかかる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。