29日早朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、北海道襟裳岬東方の太平洋上に落下したとの報を受け、津軽地方の漁協関係者は注意喚起などの対応に追われた。漁業者からは「もしも漁の最中に落下していたら…」などと心配する声が聞かれた。
 【写真説明】ミサイルの通過に漁業関係者の不安が増した=29日午前7時55分ごろ、小泊漁港

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。