弘前市内の生育の早いリンゴ園で、早生(わせ)種を代表する品種「つがる」の収穫が始まっている。29日は午前中から雨が降るあいにくの天気となったが、実の色づき具合などを一つ一つ確認しながら収穫する生産者の姿が見られた。
 【写真説明】「つがる」をすぐりもぎする生産者=29日午前8時50分ごろ、弘前市悪戸

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。