北朝鮮は29日午前6時前、弾道ミサイル1発を発射した。日本政府などによると、ミサイルは北海道の渡島半島を通過し、襟裳岬東方1180キロの太平洋上に落下した。県によると、本県への被害は確認されていない。