海上自衛隊大湊航空基地(むつ市)所属のSH60J哨戒ヘリコプターが日本海上で消息を絶った事故で、海上幕僚監部(東京)は28日、同ヘリ機体の一部とみられる後部の回転翼と主回転翼の破片を現場海域付近で発見、回収したと発表した。ヘリに搭乗していた4人のうち、機長の佐藤佑樹3等海佐(36)ら3人の行方は依然として分かっておらず、海自や海上保安庁などが引き続き、夜通しで捜索を続けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。