中南地域県民局は28日、県産米「青天の霹靂(へきれき)」の来年産用種子を生産する平川市の平賀水稲採種組合の水稲採種ほ場で糊熟期(こじゅくき)を迎えた稲の審査を行い、順調な生育を確認した。
 【写真説明】糊熟期を迎えた稲の生育状況を確認する審査員

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。