26日午後10時50分ごろ、竜飛崎の西南西約90キロ、久六島(深浦町)からは北約20キロの日本海で、夜間訓練中の海上自衛隊大湊航空基地(むつ市)所属SH60J哨戒ヘリコプター1機と通信が途絶えた。現場付近海域から機体の一部とフライトレコーダーが発見されており、墜落したとみられる。海自は事故から約40分後、乗員の男性隊員4人のうち1人を救助、むつ市内の病院に搬送した。機長を含む3人は行方不明で、海自と航空自衛隊、第二管区海上保安本部は現場海域を捜索している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。