大学1、2年生に早い段階から地元企業に親しんでもらい、県内就職につなげようと早期インターンシップ(就業体験)事業を展開する弘前大学の学生団体「@ぼくらしnext」。団体が主催するビジネスキャンプが西目屋村で23~27日に行われ、学生たちは同村が観光事業として活用法を探るグランピング(豪華なキャンプ)を使ったツアーの企画に挑戦。地元起業家から助言をもらいながら、実現可能なアイデアを探った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。