今年度の県総合防災訓練の一環で、弾道ミサイルが日本国内に落下する可能性があるという想定での国民保護訓練(住民避難訓練)が9月1日、つがる市で行われる。弾道ミサイルを想定した避難訓練は弘前市とむつ市で行われたが、県が関わる訓練では初めて。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。