県国民健康保険団体連合会は、本県の高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)をまとめた。今年2月1日現在の住民基本台帳を基にすると、30・47%(前年比0・78ポイント増)で過去最高を更新した。市町村別では今別町が50・67%で県内最高。前年より3村増の7町村で40%を超えた。弘前市は30・08%で県平均を下回った。津軽半島や西海岸地域などで加速している傾向が見られ、県は「地域ごとの対応が必要」と危機感を募らせている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。