つがる弘前農協(工藤文明組合長)は26日、弘前市悪戸の河東地区りんご施設内に導入する輸出対応型の新選果機の竣工(しゅんこう)稼働式を行った。関係者は冷蔵貯留プールや処理能力など、新選果機の高性能を確認しながら、今後のリンゴ産業のさらなる飛躍と発展に期待を込めた。
 【写真説明】9月1日から本格稼働する河東地区りんご施設の新選果機

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。