県は25日、高度な土作りを実践する「あおもり土づくりの匠(たくみ)」の生産現場を視察する「環境にやさしい農業産地見学バスツアー」を平川市で行った。県内の消費者約40人が参加し、農家の土づくりや農作物について話を聞き、理解を深めた。
 産地見学は農作物に対する理解促進と販路拡大を狙い、県と県消費者協会が主催したもの。同日は同市で県産米の新品種「青天の霹靂(へきれき)」を生産するJA津軽みらい特A米プレミアム研究会の工藤憲男会長、三浦りんご園の三浦藤市代表の農地を訪れ、それぞれの取り組みを視察した。
【写真説明】工藤会長(右)から説明を受け、青天の霹靂のほ場を見学する参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。