大阪府で開催された日本マスターズ水泳で2冠を果たした男性がいる。弘前市の樋口遼さん(30)だ。高校時代は競泳選手として活躍したが、けがもあり、卒業後は水泳から遠ざかっていた。だが、22歳の時に一念発起し復帰。そんな樋口さんが、30~34歳の部で、50メートルバタフライと自由形で優勝を飾った。だが、それだけでは満足しない樋口さんは「マスターズ日本記録を破る」と来年の大会を見据えている。
【写真説明】集中した練習を心掛けている樋口さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。