鳥獣による農作物被害の早期把握と効果的な対策を講じるため、市町村の担当職員らを対象とした県の「集落環境診断研修会」が24日、弘前市で2日間の日程で始まった。初日は弘前市民会館で講義が行われ、参加者は県内の野生鳥獣被害の現状、ニホンザルやニホンジカ、アライグマの生態などに理解を深めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。