高齢者の振り込め詐欺被害防止などを呼び掛ける県の新規事業「高齢者の安全・安心促進事業」キャラバンが23日、青森市でスタートした。県内19カ所で、参加型寸劇の出前講座などを通じ啓発活動を行う。23日は青森市中世の館で行われた青森市長寿福祉のつどいで、振り込め詐欺をテーマにした寸劇を発表し、参加した高齢者たちに被害に遭わないよう注意を呼び掛けた。
 昨年度は出前講座で一方的に情報を発信する形式だったが、今年度からは覚えてほしいキーワードを高齢者自身に復唱してもらうなどの参加型に切り替えた。
【写真説明】コミカルな参加型寸劇などで詐欺被害防止を呼び掛けるキャラバン

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。