白神山地世界遺産地域連絡会議は23日、白神山地世界遺産地域周辺におけるニホンジカ2件、イノシシ1件の確認情報を発表した。ニホンジカは秋田県八峰町で、イノシシは本県深浦町で自動撮影装置によって確認されたもので、場所はいずれも遺産地域外。イノシシが本県側で撮影されたのは初めて。
【写真説明】深浦町で撮影されたイノシシ(県提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。