弘前芸術鑑賞会の第1回公演で、弘前藩祖・津軽為信が津軽を統一するまでを描いたリーディングライブ「卍の城物語」(同会主催)が23日、弘前市民会館で開かれた。原作は知坂元さん(63)の歴史漫画「卍の城物語 城下町弘前の誕生」。脚本・演出は劇作家の畑澤聖悟さん(53)。昼夜2回行われ、詰め掛けた計約820人の観客は、為信の破天荒ぶりをせりふや歌などで楽しんだ。
 為信が石川城に攻め入る場面では、観客が事前に渡された紙コップを手のひらでたたき馬の大軍勢を演出石川城を攻め落とした後は、為信役の神敏将さん(42)=劇団民藝所属、弘前市出身=による「えいえい」の掛け声に合わせて、会場全体で「おー」と叫び、一体感に包まれた。
【写真説明】迫真の演技を見せた為信役の神さん(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。