清水観音の通称で親しまれる弘前市東目屋地区の多賀神社で17日、清水(きよみず)大祭が行われた。干支(えと)を守り神として信仰する「津軽の一代様」で子(ね)年(ねずみ)を祭る神社であることから、地区住民らがねずみ顔メークを楽しむなどして交流を深めた。
 神社近くの会場にはねずみ顔メークを施すコーナーが設けられ、子どもたちが次々とネズミに“変身”。ステージでもねずみメークの地元保育園児が登山囃子(ばやし)、和太鼓演奏を披露した。
【写真説明】子年にちなみ、顔にねずみのメークをして和太鼓を披露する園児たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。