今年度で閉校する弘前市の百沢小学校(石戸谷雅子校長)は20日、今年で最後となる伝統行事お山参詣パレードを行った。全校児童10人は同校児童の愛称「山の子」である誇りを胸に、登山囃子(ばやし)を響かせながら岩木山神社までの道を練り歩いた。
 【写真説明】祈祷を終え、下山囃子を演奏しながら参道を下る児童たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。