連合チームとして、弱くても粘り強く明るく勝ちたい―。全国高校野球選手権大会が盛り上がる中、本県では高校野球秋季地区大会が始まった。各校が新体制でのスタートを切る中で、五所川原地区では板柳、鶴田、金木、鯵ケ沢、木造深浦が県内初の5校によるチーム“西北連合”として出場している。これまでのリーグ戦績は3敗と厳しいが、野球を愛する思いを武器に悲願の1勝を目指す。
 【写真説明】試合開始の合図でグラウンドに駆け出す西北連合ナイン。彼らの挑戦は続く=五所川原市営球場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。