弘前実業高校吹奏楽部が全日本吹奏楽コンクール第60回東北大会高校の部(26日、福島県郡山市)に県代表として出場する。マーチングでは全国大会常連校となりつつあるが、同コンクールの東北大会出場は51年ぶり。部員たちは「マーチングで鍛えられたサウンドや気力が(座奏にも)生きている」と語るなど、着実に実力を高めている同部。半世紀ぶりの大舞台に向け、部員一同、練習に余念がない。
 【写真説明】26日の東北大会に向けて練習に熱が入る弘前実高吹奏楽部=11日、同校

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。