弘前市の百沢小学校児童が18日、地域の歴史を学ぶ機会として同市高岡の高照神社宝物殿と、宝物殿所蔵資料を移し来春から展示するために建設中の「津軽歴史文化資料展示施設(仮称)」を見学した。児童は刀剣や絵馬などの伝承に聞き入り、地域の文化財や歴史の継承に気持ちを新たにした。
【写真説明】展示施設内の蔵をイメージした扉の前で説明を聞く百沢小の児童たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。