2017年産リンゴの早生(わせ)種の収穫時期を控え、中南地域県民局地域農林水産部(船木一人部長)は18日、高品質生産に向けて適期の摘葉と収穫を生産者に呼び掛けるキャラバンをスタートさせた。25日までを第1期(早生・中生)と位置付け、関係市町村や農協などと連携して管内の園地を巡回する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。