けがを乗り越え、聖地・甲子園へと帰ってきた。青森山田の不動の4番・阿部健大選手は、不運のけがによって出場がかなわなかったセンバツでの悔しさを糧に、最後の「夏」で躍動。18日に行われる夏の甲子園3回戦、同校が18年ぶりの8強を懸けた東海大菅生戦でも、磨きを掛けた打棒で新たなチームの歴史をつくる覚悟だ。
【写真説明】18日の東海大菅生戦に向け、鬼気迫る表情で打撃練習に打ち込む阿部選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。