弘前市のコンピューターシステム開発会社社長の三上清樹さん(57)が深浦町岡崎海岸の沖合でダイビング中にイルカと遭遇し、その瞬間を水中カメラに収めた。三上さんは「突然現れたので夢中で撮影した」と興奮気味に語った。深浦町役場によると、同町沖合の海中でイルカに出合うのは珍しいという。
【写真説明】三上さんがカメラで捉えたイルカの写真

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。