鶴田町の夏を彩る「水と火の祭典 つるたまつり」は最終日の16日、同町の津軽富士見湖で龍神船の湖上運行が行われた。同湖を渡ったという伝説の龍を表現したネブタが湖上を進み、約2500発の花火とともに幻想的な光景を演出した。
【写真説明】揺らめく龍神船と鮮やかな花火が湖上を彩った祭り最終日

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。