甘く入った直球を鋭く強く振り抜くと、打球は放物線を描いてセンターバックスクリーンへ吸い込まれていった。
 青森山田の7番中澤樹希也(弘前市出身、青森山田中卒)は、2点本塁打を放った四回に続き、六回の第3打席で試合を決定付ける中越え本塁打をたたき込んだ。公式戦初となる2打席連続アーチ。しかも県大会で1本も打っていない本塁打を甲子園で放った。「チームのみんなが打ってくれて、いい流れに乗ることができた」と白い歯をのぞかせた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。