鶴田町で14日、夏の恒例行事である「水と火の祭典 つるたまつり」が開幕した。初日は町民ら約500人が本町通りに集まり、長さ約120メートル、直径5~6センチの「龍巻寿司(たつまきずし)」作りに挑んだ。
【写真説明】完成した全長約120メートルの龍巻寿司を持ち上げ、喜ぶ参加者たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。