弘前市の朝陽小学校の2004年度卒業生らが12日、13年ぶりに母校を訪れ、卒業記念で埋めたタイムカプセルを発掘した。当時の写真や学級日誌、25歳の自分に当てた手紙などが収められており、卒業生らは昔を懐かしみながら思い出話に花を咲かせた。
【写真説明】タイムカプセルから出てきた思い出の品々に笑顔を見せる卒業生ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。