弘前大学附属図書館は今年度から新たに、学生が自ら書店に行き、図書館に置いてほしい本を選ぶ「Book Hunting(ブックハンティング)」を始めた。全国の大学に広がっている取り組みで、10日は弘前市の紀伊國屋書店弘前店で、6人が学生目線で自由に本を選んだ。
【写真説明】ブックハンティングで本を選ぶ学生

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。