各地に被害をもたらした台風5号は、9日夜までに東北沖で温帯低気圧に変わる見込み。青森地方気象台によると、津軽地方の雨のピークは9日朝から夕方にかけて。1時間に20ミリの強い雨が降る予報。弘前市のリンゴ園地では8日、生産者らが台風の接近に備えて防風ネットを張ったり、リンゴの木や枝を支柱で補強したりする姿が見られた。県「攻めの農林水産業」推進本部は7日付で臨時農業生産情報を出し、農作物の適正な管理に努めるよう呼び掛けている。
 【写真説明】台風5号の接近に備えて防風ネットを張る作業員=8日午前11時15分ごろ、弘前市下湯口

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。