田中屋併設のギャラリー「田中屋画廊」は1965年に開設された、弘前市内のギャラリーの草分け的存在。県内外の画家や美術家、工芸家たちに発表の場を提供するだけでなく、展覧会を自ら主催もした。関係者は「弘前の芸術文化を育て、発信する拠点だった」と口をそろえ、「とても残念」「機能の継承を」と消失を惜しむ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。