弘前ねぷたまつり最終日の7日夜、祭りのフィナーレを飾る「なぬかびおくり」が弘前市の岩木川河川敷で行われ、大型ねぷたが初めて燃やされた。会場に詰め掛けた2万人(主催者発表)が見守る中、4台のねぷたが炎に包まれ、7日間にわたる祭りを終えた。
【写真説明】炎を上げて昇天するねぷたと土手沿いに連なるねぷたが、なぬかびおくりを彩った

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。