昨年12月に飼育中の食用アヒルが高病原性鳥インフルエンザに感染した青森市内の2例目の家禽(かきん)農場について、県は7日、同日付で飼育が再開可能になったと発表した。これにより、鳥インフルが発生した2農場で飼育が可能になった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。